フランチのコラム 08 ~ 伝統についての続き(1) ~

イタリアと日本の年中行事について話を続けたいと思います。 今月は特にイタリア人がどういう風に夏を過ごすか皆さんに教えたいと思います。 でも、その前に、順番に行くとまだ五月の話が終わっていないですね。

イタリア人はイースターの時に仕事の休みを取りますが、日本人にはその代わりにGolden Weekがあります。 こちらは皆さんがすごく楽しみにしている五月の頭に当たる一週間です。 GWはとても大事な時期だと思います。なぜなら、ずっと頑張って仕事をしていた日本人が、やっとゆっくりできる時間だからです。 多くの日本人は旅にでます。ふるさとに戻ったり海外に行ったりします。 だからこそ、この時期には新幹線はとても混んでいます。時には満席でずっと立ったままの旅をしてしまう確率が高いです。

GWには、「こどもの日」もあります。五月五日は男の子の祝いの日です。 全国のあちらこちらで魚の形をした紙か布で造った「鯉のぼり」と言う飾り物が見られます。 息子が元気に育つように祈ります。

鯉のぼり
【鯉のぼり】

同じように女の子の為の日もあります。 三月三日に当たる「ひな祭り」です。女の子のすこやかな成長を祈る行事です。 男雛と女雛を中心とする人形を飾り、桃の花を飾って、白酒などの飲食を楽しむ節句の祭りです。 日本人の友達が教えてくれた迷信は、もし「ひな祭り」に家の中で「ひな人形」を飾らない場合には、 娘がナカナカ結婚できなくなってしまう可能性が高いとの事でした。

ひな人形
【ひな人形】

イタリアにもこのような迷信があって、ほうきで掃除をしながら掃除している人が女の子の足元に掃いたら、 その女の子が結婚できないと言うくだらない迷信があります。 この迷信の由来は主婦と関係あります。もし、ある女の子が誰かに足元を掃かれたら、 自分で掃除ができないという事を意味し、だからこそ良い奥さんになれないと言う証拠になるのです。

夏に向けて話を続けると、六月の梅雨の時期です。イタリアにはない現象なので、イタリア人には面白いと思います。 梅雨なら「テルテルボズ」を思い出します。ずっと子供の頃から憧れだった人物です。

テルテルボズ
【テルテルボズ】

梅雨の時期には「七夕」という祭りもあります。ちょっとロマンチックなイベントなので私は大好きです。 簡単に言えば二つの星、ベガとアルタイル、についての伝説です。

七夕
【七夕】

二人はお互いの事が大好きだが、一年に一回しか逢えないのです。 逢える機会は七月七日だけです。しかし、良い天気でない場合には、悲しいことに逢えません。 だから、皆七夕の日に満天の空があるように願っています。 この祭りのしきたりは、自分の望み(願い事)を小さな紙に書いて竹の枝につるしたりする事です。

梅雨が終わると代表的な蒸し暑い日本の夏が始まります。 イタリアならまれに湿気がある日も起こるけれども、基本的には夏は乾燥しています。 でも、太陽がかなり強くて、一番暑い時間、だいたい12pmから4pmまで、あまり外に出ない方が良いと言われています。

        <・・・ 次回に続きます! ・・・>

IL PERIODO ESTIVO

Questo mese voglio parlare di come passano l'estate gli italiani. ma prima andiamo con ordine, dando un'occhiata al mese di Maggio.

Se mentre in italia ci si prende una pausa da scuola o dal lavoro durante la Pasqua,in Giappone questo avviene nel corso della Golden Week, ad inizio Maggio.Questa settimana di vacanza , che tutti aspettano con trepidazione , cade in concomitanza con la festa del bambino, che e il 5 Maggio. In questo giorno vengono onorati i maschietti e un po' per tutto il paese si possono ammirare lunghe e coloratissime carpe di carta ( koinobori ) appese qua e la, ondeggianti al vento. Un festa analoga ma per le bambine e lo " Hina matsuri ", il 3 di Marzo. In questa occasione sono invece le femminucce ad essere festeggiate e si usa decorare la casa con bambole rappresentanti i coniugi imperiali come buon auspicio per un futuro matrimonio della figlia.

Tornando invece alla Golden Week, essa rappresenta un periodo molto importante per il popolo giapponese, perche finalmente ci si concede una settimana di riposo dal faticoso lavoro. La gente si sposta nelle localita turistiche,verso esotiche mete all'estero o piu semplicemente se ne torna a casa a trovare i parenti, nella prefettura di nascita. E' allora che gli shinkansen, treni super veloci , si affollano come non mai e spesso si rischia di farsi un viaggio totalmente in piedi.

Segue, a Giugno , la stagione delle piogge, sconosciuta in italia. Un personaggio che mi ha sempre affascinato e il cosidetto omino scaccia-pioggia , " teruterubozu " , ( vedi foto ) che mi e capitato spesso di vedere nelle scene dei cartoni animati. Questo periodo dei monsoni e anche il momento di " Tanabata ", festa basata sulla leggenda delle due stelle Altair, il pastorello, e Vega, la tessitrice Orihime, che sono innamorati l'uno dell'altro ma possono incontrarsi solo una volta all'anno, e cioe esattamente il sette di Luglio. Tuttavia questo rimane possibile solo in caso di bel tempo, motivo per cui si cerca di propiziare un cielo sereno. In questa occasione si usa scrivere i propri desideri su un foglietto di carta che poi viene arrotolato intorno ad un rametto di bambu.

Finito questo periodo di precipitazioni, ecco che inizia la tipica estate giapponese: calda-umida , per non dire soffocante. In italia possono capitare giornate un poco afose ma in linea di massima il clima rimane prevalentemente secco. Il sole pero puo picchiare molto forte, ragione per cui spesso viene consigliato di stare in casa , o comunque al riparo, durante le ore piu calde della giornata, vale a dire in media tra mezzogiorno e le quattro.

2008-09-25

ページのトップへ戻る