『ブティックの女』 -概要-

ブティックの女

未亡人に訪れる
さまざまな出来事が
あらぬ方向へと次々に展開!!

イタリアでベストセラーを放ち続ける著者の、日本デビュー作品第二弾が、
ようやく「紙の書籍」の新刊として登場!!

癖になる!? (かもしれない…)
イタリアンコメディの世界をお楽しみください!

【内容】
フィア・ローレンと同じ境遇の女に訪れる、奇妙なおかしさとペーソスに満ちたストリーは、あらぬ方向へと次々に展開!!
「オリーブも含めて」の著者が放つ、抱腹絶倒の群像劇。
一生懸命に生きるがゆえに起きてしまうエピソードのオンパレード!!


【著者プロフィール】
アンドレア・ヴィターリ(Andrea Vitali)
1956年イタリア、コモ湖畔のベッラーノ生まれ(本書の舞台)。
ミラノ国立大学医学部を卒業後、故郷で医者の仕事に従事する。
1990年に「Il procuratore」で作家としてデビューし、
「L'ombra di Marinetti」で1996年度のピエロ・キアラ文学賞、
さらに「La figlia del Podesta」で2006年度のバンカレッラ賞を受賞。
そして2008年には『La Modista』でイタリア・ヘミングウェイ賞を受賞。
故郷ベッラーノを舞台とした小説を書き続けており、著作は20冊以上にも及ぶ。

【訳者】久保 耕司(くぼ こうじ)
1967年福岡県生まれ。北海道大学卒。翻訳家。訳書に、マニャーニ『古代地中海を巡るゲオグラフィア』(シーライトパブリッシング)、ザッケローニ『ザッケローニの哲学』(PHP研究所)等がある。

ページのトップへ戻る