03.激動の1970年代 / 
~ ”きいてみ~よ!” イタリアPOPSのススメ 2012 ~ 第3回
《Piccola RADIO-ITALIA(ピッコラ・ラディオ=イタリア)》

1960年代に世界を席巻したイタリアPOPSですが、1970年代に入るとその栄光に陰りが見え始めるようになります。そしてその後のイタリアのミュージックシーンを牽引するアーティストや音楽のスタイルが、大きく様変わりを遂げるようになりました。

1960年代に世界的なヒット曲の発信源と化していたサンレモ音楽祭も、1970年代に入ると、同じ曲を2組の歌手が歌い分ける『ダブルキャスト制』を1972年に廃止し、1楽曲を1アーティストが歌うことに改められ、1976年に会場をTeatro Ariston(アリストン劇場)に移すと、急速に尻つぼみになり、存続の危機を迎えることになります。

こうしてイタリアが世界のヒット曲の量産地から外れると、英語圏に大きくその主導権を明け渡す事となり、日本にもイタリアPOPSが届かなくなる時代が始まってしまいました。

この1970年代のイタリアには一体何が起きていたのでしょうか。今回のコラムではこの激動の時代とイタリアPOPSについて言及したいと思います。

遡ること1958年から1963年にかけて、敗戦国イタリアは驚異の経済発展を遂げ、『奇跡の経済』などと呼ばれるほどの発展を示し、この栄華の中で世界のイタリアPOPSの潮流を生み出したものの、1960年代後半あたりからは、政権不安定などから急激に悪化の道をたどり始めます。

これに追い打ちをかけたのが、1973年に発生した第1次オイルショック。これを乗り切れなかったイタリアは経済破綻となり、社会が乱れる状況に追い込まれます。学生運動、社会運動、マフィア台頭、テロ頻発など、ストライキの常習化など、破綻国家のイメージまで付きまとうようになります。

こうした政情不安の中で、政治や社会問題を歌うカンタウトーレが急増するのもこの頃。当時のある歌手のコメントに『今のイタリア社会では、若者たちの話題でさえ、中心は政治であり、純粋に音楽を楽しもうとする人は少ない』というものがありました。

Francesco Guccini e i Nomadi / "Atomica Cinese(中国の原爆)"
[1967年作品/映像は1979年のライヴ]


Claudio Baglioni / "Piazza del Popolo(ポポロ広場)"[1972年作品 / 映像は2009年のリメイク版]


物価や人件費の高騰は音楽業界も直撃し、1960年代に主流だった『歌手』は、作詞・作曲家やオーケストラの経費がかかるため、カンタウトーレやロックバンドのように、自分で曲を書き、自分で演奏し歌うタイプのアーティストが重宝されるきっかけとなりました。

その時代のニーズの中心人物となったのがカンタウトーレのLucio Battisti(ルーチォ・バッティスティ/1943-1998)でした。1960年代後半には、まだ活動の舞台に恵まれなかったロックミュージシャンらを積極的に自分のバックバンドに起用したことで、時代のニーズに応えると同時に、これら新興勢力の強力な後押しをする事に成功したのです。また、女王Mina(ミーナ)にその才能を認められたことも大きな転機となりました。



彼らカンタウトーレの作風は、政治的なテーマを歌わない場合でも、自分の内面を深く見つめ、往々にして難解な詩的表現を駆使した世界観の作風で、1960年代の『甘美なラヴソング』のスタイルとは明らかに異質な作品群を展開したため、日本では従来のファンを牽引できず、新たなヒットも生み出せないと判断され、日本盤レコードもほとんどリリースされませんでした。

しかしイタリアではこの時代に登場したカンタウトーレ達がその後もシーンを牽引し、現在のイタリアのPOPS界に於いても、1970年代デビューのカンタウトーレ達が第一線で活躍している構図です。

Lucio Dalla e Francesco De Gregori / Banana Republic


Antonello Venditti / Roma capoccia


Claudio Baglioni / Questo piccolo grande amore


Fabrizio De Andre' / Il pescatore


こうして、イタリアで主流のPOPSが日本に紹介されないという乖離現象が、この1970年代を機に始まり、やがてどんどんその溝が広がって行き、日本の洋楽シーンはガラパゴス化していくことになります。

一方、イタリアPOPSの流れの中の一部は、1970年代後半から形を変えて世界進出を果たして行き、1980年代に入ると、イタリア経済も復活を遂げ、また新たな時代が幕を開けるのですが・・・このテーマはまた次回。

Piccola RADIO-ITALIA
YoshioAntonio こと 磐佐良雄
『ピッコラ・ラディオ=イタリア』
http://piccola-radio-italia.com/


***** ~イタリアの音楽を、知る・聴く・観る!~『イタリア音楽&イタリアンブランチ』開催のお知らせ *****

当Piccola RADIO-ITALIA主宰のYoshioAntonioこと磐佐良雄が、日伊文化交流サロン アッティコに於いて開催する音楽イベントです。

第2回目:1970年以前のナポリカンツォーネを知ろう!
カンツォーネの魅力、歴史、時代背景について日本語で解説。その後はイタリア国家より『騎士(cavaliere)』を受勲された 歌手・青木純さん のライブをたっぷりと満喫しながらイタリアンブランチをどうぞ!
期日:2012年6月24日(日) 11:00-13:00 または 15:30-17:30
定員:20名
参加費: 5,000円 ※イタリアンブランチ&グラスワイン1杯が含まれます。

会場:日伊文化交流サロン アッティコ
東京都中央区日本橋馬喰町2-7-13 ミリナービル7階

お申込み:日伊文化交流サロン アッティコ
TEL 03-5652-3331 mailto:corso@attico.net


*****Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』開催のお知らせ *****

当Piccola RADIO-ITALIA主宰のYoshioAntonioこと磐佐良雄が、日伊文化交流サロン アッティコのパーティに於いて、イタリアPOPSのDJ&VJを担当いたします。

思いっきりイタリア気分を満喫するために、ノリのよいイタリアンPOPSのビデオクリップを流します!食べるもよし、飲むもよし、語るもよし、踊るもよしのイタリアの初夏をイメージしたゆる~いパーティーです!

期日:2012年6月29日(金) 18:30-22:00 ※出入り時間自由
参加費: 5,000円

会場:日伊文化交流サロン アッティコ
東京都中央区日本橋馬喰町2-7-13 ミリナービル7階

お申込み:日伊文化交流サロン アッティコ
TEL 03-5652-3331 mailto:corso@attico.net


***** 『第86回 イタリアPOPSフェスタ』開催のお知らせ(予定の内容) *****
★イタリアで最近リリースされた話題作から
日時:2012年7月14日(土) 17:15~21:30 (16:45開場)
会場:東京・JR亀戸駅 徒歩2分
定員:先着20名様
参加費:無料
※お申込み&詳細は以下のサイトまで。
http://piccola-radio-italia.com/


”きいてみ~よ!” 
~ イタリアPOPSのススメ 2012 ~ 第3回
2012-06-22

ページのトップへ戻る